アレルギー性鼻炎の症状を和らげる方法がコチラ

朝晩に悪化しやすい病気

ドクター

連発くしゃみや鼻づまり

アレルギー性鼻炎は、花粉や埃、ダニ、ペットの毛などのハウスダストが原因で発症する病気なので、風邪をひいていないのに、くしゃみを繰り返したり、鼻づまりや鼻水などの症状が見られます。自律神経の働きが乱れると、症状が悪化しやすくなるので、十分な休息や睡眠を心掛ける必要があります。アレルギー性鼻炎は副交感神経や交感神経の働きが活発になる、朝晩に症状が強くなる傾向があります。普段の生活では、掃除機をこまめに掛けたり、拭き掃除をして部屋を清潔に保つことが大事です。ペットを室内で飼育している人は、寝室に犬や猫などのペットを入れないことも大事です。空気が乾燥するとアレルギー性鼻炎の症状が悪化しやすいので、普段から加湿器を使用したり、濡れタオルなどを窓に掛けておくなどの工夫も必要です。自律神経の働きが乱れると、アレルギー性鼻炎に罹りやすくなるので、普段から朝型の規則正しい生活を心掛けるようにして、低カロリーで栄養価の高い食事を心掛ける必要があります。体の免疫力を向上させると、辛い症状が改善する場合があるので、普段からウォーキングやストレッチなどの無理のない運動を行うのも効果的です。アレルギー性鼻炎が疑われる時は、耳鼻科に通院しましょう。丁寧に診察を行ってから、内服薬を処方してもらえます。完治したかは自己判断では難しいので、しばらくは根気よく通院を続けて下さい。アレルギー性鼻炎は、悪化すると蓄膿症などの完治が難しい病気を引き起こします。症状が現れたら、早急に耳鼻科で診察してもらいましょう。