アレルギー性鼻炎の症状を和らげる方法がコチラ

相談

新しい治療方法

アレルギー性鼻炎は風邪もひいていないのに、くしゃみは鼻水、鼻づまりなどの不快な症状に悩まされることとなります。治療方法にも様々な種類がありますが、ダニ舌下免疫療法も注目の治療となっており、アレルゲンを少ない量から体内に取り込み根本的な体質改善を目指していくものとなっています。

鼻炎が起きるメカニズムは

ナース

ずっと続くアレルギー反応

鼻炎とは、鼻の粘膜が炎症を起こすことを言い、風邪などが原因で誰にでも起きる可能性があります。そんな鼻炎の中の一つが、アレルギー性鼻炎です。これはアレルゲンに対して肌の粘膜が過剰に反応し、炎症が起きることでもたらされる鼻炎を言います。普通の鼻炎と同じように、主な症状はくしゃみや鼻水ですが、アレルゲンを除去しない限り、炎症は治まらず、辛い症状も改善しないという特徴があります。アレルギー性鼻炎のメカニズムは、まずアレルゲンが体に侵入するところから始まります。どのようなアレルゲンに反応を示すのかは、人それぞれです。花粉が原因となる人もいれば、ハウスダストが原因になる人もいます。体内に入ってきた異物を除去しようとするのは、人間にとって自然な反応です。しかし過剰に反応してしまうと、人間にとって不快な症状も出てきてしまいます。くしゃみや鼻水がとまらないのは、アレルゲンに対して過剰に反応しているから。洗い流そうとする反応なのですが、現実にはアレルゲンを完全に身体の中から追い出すことは、難しいものです。アレルギー性鼻炎の症状を少しでも改善し、生活の質を維持するためには、薬やレーザー治療など、様々な治療法もうまく活用していく必要があります。薬は、アレルギー反応を抑えるためのもので、体質そのものを変えることはできませんが、くしゃみや鼻水の症状を緩和できます。レーザー治療では鼻の粘膜を焼き、炎症が起きにくい状態にしてくれます。アレルギー性鼻炎と診断されたら、自分に合う治療法についても検討してみてください。

ドクター

朝晩に悪化しやすい病気

風邪でもないのにくしゃみや鼻づまりの症状が続く場合は、アレルギー性鼻炎である可能性が高いです。部屋を清潔に保ち、空気の乾燥を防ぎましょう。悪化すれば蓄膿症になるので、早急に耳鼻科で診察してもらう必要があります。

鼻炎

生活の質を維持するために

アレルギー性鼻炎の症状は、くしゃみや鼻水で、鼻の粘膜がアレルギーで炎症を起こすことが原因で引き起こされます。完治させる方法はまだなく、レーザー治療や薬などを上手に使って、症状をコントロールすることが大切です。